SPY×FAMILY キャラクターの情報を入手せよ!ボンド編

SPY×FAMILY キャラクター用サムネイルイメージ画像

人気コミックであり、世界中で注目されているアニメ「SPY×FAMILY」。

スパイである父「ロイド」、殺し屋の母「ヨル」、超能力者の娘「アーニャ」という“偽りの家族”を題材にした物語は興味をそそります。

しかし、なんといってもSPY×FAMILYの人気要素のひとつは、「個性的なキャラクターたち」。

フォージャー家をはじめとし、家族を取り巻くキャラクターたちの存在は、SPY×FAMILYをよりおもしろくしていることは間違いありません。

この記事ではSPY×FAMILYに登場するキャラクターたちの性格や経歴などをご紹介し、SPY×FAMILYの“裏”のおもしろさをお伝えしていきます。

sora

今回はボンド編

もくじ

ボンド・フォージャー

SPY×FAMILYコミック4巻表紙 ボンド画像
出典:©遠藤達哉 2020,2020/発行所 集英社

東国の軍事目的で作られたIQの高い実験動物。

当時の政権崩壊後、無用になったことで闇に流される。

テロリスト用の爆弾犬として使われそうになっていたところをアーニャと出会い救われた。

やがてフォージャー家の一員となり、人間並みの知能と、未来を予知する能力を使って、フォージャー家のピンチを何度も助けてくれる存在となる。

ボンドのプロフィール

ボンド
名前
ボンド。 
アーニャが好きなアニメ「ボンドマン」から付けた名前
旧名
実験体8号(研究所で呼ばれていた名前)
体高
1m弱
好きなもの
ロイドが作ってくれたごはん
嫌いなもの
ヨルが作ってくれたごはん
性格
いたって温厚。
しかし、ときどきアーニャが大事にしているぬいぐるみに嫉妬する。
出典:SPY×FAMILY公式ファンブック EYES ONLY
©遠藤達哉 2022,2022/発行所 集英社

ボンドのモデル

ボンドのモデルは、「グレートピレニーズ」だと言われています。 

グレードピレニーズは、体重50~60kgの超大型犬で、性格は温厚で穏やか。

しかし、家族には慣れますが、見知らぬ人には強い警戒心を持ちます。

ちなみに、17世紀頃、マリー・アントワネットが護衛犬としてグレートピレニーズを飼っていたことは、とても有名なお話。

SPY×FAMILY キャラクター用サムネイルイメージ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ
トップへ
もくじ
閉じる