Sketchbookの画面下にあるツールって何?

Sketchbook 画面下

画面下のツールをおぼえよう

今回はSketchbookの特徴である、画面下『〇』の中の「ツール」について解説していきます。

それではさっそくはじめましょう!

もくじ

画面下「〇」の中にあるツールとは?

画面下の〇を押します。 👇

Sketchbook 画面下のツール

押すと次のような画面になります。👇

まずは、どこに何があるのかおぼえていきましょう。

●A:前のブラシ ●B:透明色 ●C:カラーピッカー

●D:ダブルパック ●E:キャンバスを反転 ●F:レイヤのクリア

●G:フレームキャンバス ●H:元に戻す ●I:やり直し

なお、F~Iは初期値の設定になっているショートカットです。

第2章で解説した「環境設定」でカスタマイズをすれば、機能の変更が可能です。

では、順番に機能の説明をしていきます。

前のブラシに戻る

一つ前のブラシに戻します。
ブラシのライブラリを出す手間がはぶける、便利な機能です。 👇

Sketchbook 前のブラシに戻る

透明色

消しゴムと似ていますが、使い方が違います。 👇

Sketchbook 透明色ボタン

消しゴムは、線などを「消す」ときに使用しますが、「透明色」は透明な色を「塗る」という機能です。

透明感を出すときに使われることがありますが、「エアブラシ」などとは違ったタッチになります。

参考に、消しゴムと透明色の比較をしてみました。👇

Sketchbook 透明色 比較

●カシミア消しゴム 

●テクスチャ消しゴム 

●硬い消しゴム

●柔らかい消しゴム 

●透明色

消しゴムは色を「消して」いますが、透明色は色を「塗って」います。

一見、わかりにくいところはありますが、「消す」と「塗る」の違いをおぼえておきましょう。 

ブラシの種類によって透明色のタッチは変わります。

イラストを描くことになれたきたら、透明色を使った練習をするのもいいでしょう。

カラーピッカー

「カラーピッカー」とは、色を選択する機能です。
他のペイントソフトにある、色を吸い出す「スポイト」と同じものになります。

絵などを描くと、多くの色を使いますが、どの色を使用したのかわからなくなったときに、カラーピッカーを使うと便利です。

使いたい色にカラーピッカーを合わせ、色の選択をします。

では、例として画像の中にある、「黄色い円」と同じ色を使えるようにしてみましょう。 👇

Sketchbook カラーピッカー参考例

画面下の丸いボタンを押して、カラーピッカーを選択します。 👇

Sketchbook カラーピッカーの出し方

👇

Sketchbook カラーピッカー選択画面

画面上に表示されたカラーピッカーを、ペンまたは指で中心を押さえたまま移動させます。

カラーピッカーを使いたい色に合わせてください。 👇

色を合わせたあと、ペンか指を画面から離すと自動的に色が変わります。 👇

Sketchbook カラーピッカー色の変更がされた状態

カラーピッカーを使えば、色に迷うことがなくなり作業効率があがります。

ぜひ、活用してください。

ダブルパック

Sketchbookの中で、もっとも使う機能の一つがこの「ダブルパック」です。

ブラシの色、サイズ、透明度の変更ができます。 👇

Sketchbook ダブルパック

ダブルパック上の「ブラシアイコン」を押すと、
ブラシの種類・サイズ・不透明度の変更ができます 👇

Sketchbook ダブルパック 変更方法

ダブルパック上にある、ブラシアイコンを長押ししたまま、上下左右に動かして変更をします。

上下で「不透明度」左右で「ブラシサイズ」の変更が可能です。

Sketchbook ブラシサイズと透明度の変更方法

ダブルパックとカラーホイール

※現在カラーホイールの仕様が変更され、上部メニュー欄から「Copic」が無くなりました。

色を変えたいときは、ブラシアイコンの下にある〇の部分を押します。

Sketchbook ダブルパックとカラーホイール

カラーホイールが表示されます。👇

Sketchbook カラーホイールの透明色とカラーピッカー

カラーホイール上のメニューから、「透明色」と「カラーピッカー」の選択ができます。

カラーホイールの使い方(カラー)

※現在カラーホイールの仕様が変更され、上部メニュー欄から「Copic」が無くなりました。

カラーホイール左上の「カラー」を押すと、一般的によく使われる色が表示されます。

表示された画面下のスライドバーで、好きな色に調整をしてください。 👇

Sketchbook カラーホイール カラー

Copic

※現在カラーホイールの仕様が変更され、上部メニュー欄から「Copic」が無くなりました。

「Copic」を押すと、カラーパレットの表示に切り替わります。 👇

Sketchbook カラーホイール コピック

色を選ぶと、メニュー1番下に「補色」が表示されます。
参考にして 色の選択をするといいでしょう。

配色のバランス(色の組み合わせ)がよくなります。

HSL

カラーホイール画面左下には、「HSL」があります。 👇

Sketchbook HSL

HSLとは「色相空間」のことで、簡単にいうと色を個別に調整できる機能です。

色相(Hue)、彩度(Saturation)、輝度(Lightness)によって色の表現をします。

色情報を数値化したカラーモデルのひとつとしておぼえておくといいでしょう。

色を濃くしたり、明るくしたりするときに使います。

RGB

カラーホイール画面下左から2番目には、「RGB」があります。 👇

Sketchbook RGB

RGBとは、色光の三原色のことです。

R(赤)G(緑)B(青)の三色を混ぜて表現する加法混色の一種で、
モニターなどの色の表現方法として使われています。

Webに適した色の表現方法とおぼえておくといいでしょう。

カラーパレット

カラーホイール画面下右から2番目に、「パステル調のカラーパレット」があります。 👇

参考画像にある黄色い〇で囲ったところで、色の調整が可能です。

ランダム機能

カラーホイール画面右下には、「ランダム機能」があります。 👇

Sketchbook ランダム機能

線や図形を描くたびに、自動で色が選ばれるおもしろい機能です。

ランダムで色が選ばれるので、色の予測がむずかしいですが、何度も色を変える手間がいりません。

Sketchbook ランダム機能の使い方

背景などを描くときにこの機能を使えば、予想もしない、おもしろいデザインができるでしょう。

キャンバスを反転

キャンバスを「反転」させる機能です。

絵を利き手で描くと、反対側に絵を描くのがむずかしことがあります。
そういったときに、反転機能を使うと 便利です。 👇

Sketchbook キャンバスを反転

👇

Sketchbook キャンバスを反転 反転状態画像

ただし、少しコツがあります。

反転させる前に、反転させたくないレイヤーは、非表示にしてください。

表示されているレイヤ全体が反転してしまうので、注意しましょう。

『Sketchbookの画面下にあるツールって何?』の解説は以上です。おつかれさまでした!

画面下のツールには便利な機能が多くあります。

特に「ダブルパック」はSketchbookの特徴的な機能なので、ぜひ、使いこなしてくださいね。

次回は、【Sketchbookのレイヤ(レイヤー)操作をマスターしよう】です。
ペイントソフトを使う上で、絶対におぼえておきたい操作になります。
レイヤに関する解説は、数回に分けて記事をあげていきます。お見逃しなく!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

アートランキング

Sketchbook 画面下

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ
トップへ
もくじ
閉じる