Sketchbookの変換を使いこなそう

変換を使いこなそう

変換について

今回は、拡大、縮小、変形、移動などができる『変換』について解説していきます。

それではさっそく、はじめましょう!

もくじ

変換

「変換」は、拡大、縮小、歪み(変形)、移動ができる機能です。

レイヤ内の絵に編集をくわえるときに使います。

では、変換について説明します。

画面上左から5番目にあるのが、変換です。

まず、編集したいレイアを選択し、「変換」を押します。

Sketchbook 変換 

変換の画面が表示されます。

拡大、縮小、回転、移動は、画面上にあるメニューから
特定のコマンドを選択しなくても操作が可能です。

対象になる絵を、指で広げたり、縮めたりして操作してください。

Sketchbook 変換 編集画面

歪み

1番左側にあるのが、「歪み」(変形)です。

絵を変形させるときに使います。

まず、変形させたい絵を選択し、編集画面になったら「歪み」を押してください。

点線で囲まれたガイドが表示されたら、9個の〇を使って変形ができるようになります。

Sketchbook 歪み

微調整

左から2番目にあるのが「微調整」です。

絵を細かく移動させるときに使います。

移動させたい絵を選択し、微調整を押てください。

微調整のツール(中央に表示される円)の、真ん中をペンで長押しして動かすと大きく移動し、上下左右にある「△」を使うと、細かく移動します。

Sketchbook 変換 微調整

水平方向に反転

左から3番目にあるのが「水平方向に反転」です。

例えば、鏡に映った人物を描くときなどに使います。

Sketchbook 変換 水平方向に反転

垂直方向にに反転

左から4番目にあるのが「垂直方向に反転」です。

例えば、水面やテーブルに何かが映り込んでいるような絵を描くときに使います。

Sketchbook 変換 垂直方法に反転

反時計回転

右から3番目にあるのが「反時計回転」です。

例えば、絵や文字に、角度をつけたいときに使います。

Sketchbook 変換 反時計回転

時計回転

右から2番目にあるのが「時計回転」です。

反時計回転と同じように、文字や絵に角度をつけるときに使うといいでしょう。

Sketchbook 変換 統計回転

『Sketchbookの変換を使いこなそう 』についての解説は以上です。おつかれさまでした!

変換の機能は、絵の微調整に役立ちます。

簡単にできるので、ぜひ活用してくださいね。

次回は、【Sketchbookの塗りつぶしとグラデーション】です。
便利な『塗りつぶし』についてくわしく解説していきます。
グラデーションの操作方法も説明しているので、参考にしてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


アートランキング
変換を使いこなそう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ