【呪術廻戦 渋谷事変】あのシーンで流れた曲は?音楽で振り返る呪術廻戦

呪術廻戦用 サムネイル2

数々の話題を呼び、大好評のうちに2023年12月29日で最終回を迎えた「呪術廻戦」2期、「渋谷事変」。

原作以上に盛り上がったのは言うまでもありません。

前回の【呪術廻戦 懐玉・玉折】に続き、この記事でもアニメ「呪術廻戦 渋谷事変」で使用された曲をご紹介していきます。

「渋谷事変で使われてる新しい曲のタイトルは?」「渋谷事変のサントラは配信されてる?」など。

ここでは、アニメ【呪術廻戦 渋谷事変】を盛り上げる音楽をメインに物語を振り返っていきます。

もくじ

呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 ORIGINAL SOUNDTRACK

アニメ「呪術廻戦 渋谷事変」サントラの発売・配信は2024年1月24日

呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 ORIGINAL SOUNDTRACK  曲名

DISC1 29曲
1懐玉
2Our Mission
3呪霊の探索
4A Little Lesson
5伏黒甚爾
6Elegant Time
7You Jerk
8理子の捜索
9Attack By Storm
10Beautiful Dreamer
11無下限呪術
12Prepare Yourself
13太陽燦々
14Trip Itinerary
15一緒なら
16No Hesitation
17仲間の屍
18フィジカルギフテッド
19With Rage
20Little Hand
21Delirious
22Decision
23呪霊の味
24Arrogance
25玉折
26強くなってよ
27裡にいる何者か
28宵祭り
29究極メカ丸絶対形態 (モード・アブソリュート)
DISC2 30曲
1Jujutsu Sorcerer
2渋谷事変
3Bad Situation
4領域展開
5蝗害
6凶運
7溢れ出す3年間の青い春
8昏乱
9Expectation
10Recapture
11Equilibrium
12共闘
13鈍刀
14特級特定疾病呪霊「疱瘡神」
15赫鱗
16Resolve
17記憶
18揺蕩
19目覚め
20未だ知らず
21霹靂
22八握剣異戒神将魔虚羅
23伏魔御廚子
24曖昧な理由
25呪術師・釘崎野薔薇
26悪くなかった
27託されたもの
28最高潮☆JUMPING!
29変身
30憎むべき者
出典:©℗2024 TOHO CO.,LTD.   ©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

呪術廻戦 音楽担当

渋谷事変の音楽担当は、懐玉・玉折につづいて「照井順政(よしまさ)」さん。

アニメ呪術廻戦において、欠かせないアーティストさんです(ファンとしてはめちゃくちゃうれしい!)

また、長年、呪術廻戦の音楽を担当している「堤 博明」さんと「桶狭間ありさ」さんは音楽協力として、今回の「呪術廻戦」2期に参加されています。

ネタバレを含む内容があります。ご注意下さい。

呪術廻戦おまけ情報

2024年1月4日発売&配信

【呪術廻戦 渋谷事変】

原作【9巻:79話】~【16巻:136話】

アニメでは「渋谷事変」本編前に、原作:8巻64話の「そういうこと」が閑話として構成されています。

作者
芥見下々
出版社
集英社
掲載誌
週刊少年ジャンプ
レーベル
ジャンプ・コミックス
発表号
2018年14号
発表期間
2018年3月5日 ~連載中
巻数
既刊23巻(2023年7月現在)
アニメ「呪術廻戦 渋谷事変」
2期 30話~47話
放送期間:2023年8月31~12月29日
監督
 御所園翔太
2023年12月の情報です。予告なく変更される場合があります。

【渋谷事変】主題歌

【渋谷事変 オープニングテーマ】King Gnu「SPECIALZ」

アルバム 2023年9月6日発売

【渋谷事変】エンディングテーマ羊文学「more than words」(F.C.L.S.)

アルバム 2023年9月27日発売

【渋谷事変】第30話 そういうこと

2018年。ある日の任務を終えた虎杖、伏黒、釘崎の3人。

虎杖は映画に、釘崎は買い物に行こうとするが、そんな2人を横目に「お前ら元気だな」と1人伊地知の車で帰路に着く伏黒。

虎杖と別れ、買い物を終えた釘崎はある女性に話しかけられる。

「さっき、虎杖くんと一緒にいませんでした?」唐突な質問に驚く釘崎、虎杖と面識があるらしいこの女性の正体は―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 8~10巻シーン
千年の呪い02:0863話 共犯冥冥と東堂が、虎杖たちを1級呪術師にするよう楽巌寺に推薦する
未収録02:5864話 そういうこと冥冥と東堂が、卓球をしながら会話する①
未収録03:56冥冥と東堂が、卓球をしながら会話する②
未収録07:30釘崎と優子の会話。釘崎は優子が虎杖に好意をもっていることを知り、伏黒を呼び出す
Our Mission08:28釘崎・優子・伏黒の会話。虎杖に彼女がいないことや好きな女性のタイプについて話す
未収録09:20虎杖に優子のことを言い忘れていたことに気づき焦る釘崎
始まり10:00優子の中学時代の回想
Trip Itinerary11:59優子は、今の自分が過去に嫌いだった人間と変わりないことに気づき落ち込む
A Little Lesson13:45虎杖たちは、歌姫から内通者(与 幸吉)について話を聞く
呪霊の探索15:12歌姫と虎杖たちが、与 幸吉の部屋に向かう
裡にいる何者か16:38与 幸吉、夏油、真人の会話。与 幸吉は真人の無為転変で健康な身体にもどる
宵祭り18:5679話 これからの話/80話 宵祭りメカ丸VS真人(戦闘開始)
究極メカ丸絶対形態(モード・アブソリュート)20:0880話 宵祭り 究極メカ丸絶対形態装甲傀儡究極メカ丸試作0号VS真人①
You Jerk23:36次回予告(三輪)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

03:56ごろに流れた曲は、「漢・東堂葵」をアレンジしたBGMだと思われます。

アニメ呪術廻戦「第30話 そういうこと」は、原作64~80話で構成。

ちなみに、63話の「共犯」、64話「そういうこと」は原作8巻からはじまる「懐玉・玉折」の前に描かれた話です。

つまり、アニメの流れとしては、原作8巻:64話から9巻:79話に、いっきに飛んだ構成になっています。

後半から始まる、メカ丸VS真人戦は、原作よりかなり激しい作画になっていました。

原作をさらにスケールアップした仕上がりになっています。

究極メカ丸に関しては、思わず「ん?エヴァ?」と感じた人も多かったかも?

いずれにしろ、作画も音楽も迫力があって、「渋谷事変」最高のスタートになったのは間違いありません。

【渋谷事変】第31話 宵祭り

動く肢体を得る為、呪霊側に通じていた京都校のメカ丸こと与 幸吉。

交渉は決裂し真人との闘いを余儀なくされるが、与は密かに準備してきた巨大なメカ丸・究極メカ丸絶対形態(モード・アブソリュート)に乗り込み応戦する。

全てを視てきた与はこれまでに縛られていた年月で得た呪力の全てをぶつける。

果たして与は死地を脱し、五条に呪霊側の計画を伝えることができるのか―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 10巻シーン
究極メカ丸絶対形態(モード・アブソリュート)00:1780話 宵祭り究極メカ丸絶対形態装甲傀儡究極メカ丸試作0号VS真人②(まずは真人を祓おうと考える 与 幸吉)
Bad Situation03:40究極メカ丸絶対形態装甲傀儡究極メカ丸試作0号VS真人③(メカ丸の攻撃をかわす真人)
宵祭り07:0681話 宵祭り-弐-究極メカ丸絶対形態装甲傀儡究極メカ丸試作0号VS真人④
領域展開09:1582話 宵祭り-参-真人 領域展開「自閉円頓裹」発動
未収録11:19与 簡易領域「シン・陰流」発動
自閉円頓裹13:00真人の反撃
Jujutsu Sorcerer18:0283話 渋谷事変(1)20:14 東京メトロ渋谷駅13番出口側で、伊地知から渋谷の現状の説明を受ける、七海、猪野、伏黒
You Jerk23:41次回予告(釘崎・虎杖)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

今回の"退場"キャラ

真人の攻撃により、原作82話で「メカ丸(与 幸吉)」が退場。

アニメ呪術廻戦「第31話 宵祭り」は、原作80~83話で構成。

アニオリのバトルシーンがスゴイ!!

原作よりかなりスケールアップした作画になっていました。

特に、真人の「自閉円頓裹」VSメカ丸の「シン・陰流」は必見です。

今回で残念ながらメカ丸が退場し、メカ丸推しのファンにはツライ回になりましたね。

しかし、今後の話の中で、「ミニメカ丸」として登場するシーンもあるので、ちょっと救われるかもしれません。

【渋谷事変】第32話 渋谷事変

『2018年10月31日19:00』渋谷に『帳』が降ろされる。

『帳』の中では一般人が大勢閉じ込められており電波も断たれてしまう。

多くの術師が渋谷に集まるが、被害を最小限に抑えるため、五条が単独で渋谷駅地下ホームへ。

そこで五条は、漏瑚、花御、脹相と相対する。

一方、冥冥と同行していた虎杖は人語を解する呪霊と遭遇。

呪術師、呪詛師、呪霊が渋谷に集結し、かつてない大規模戦闘がはじまる―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 10巻シーン
最恐02:2083話 渋谷事変(1)20:40 東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホームにて、五条と漏瑚、花御、脹相が対峙
未収録04:1385話 渋谷事変(3)20:51 東京メトロ明治神宮駅前2番出口側にて、虎杖、冥冥、憂憂が補助監督から現状の説明を受ける 
伊地知さんと調査06:0586話 渋谷事変(4)改造人間がいると聞かされた虎杖は、地下に真人がいると確信し、現場に向かう
渋谷事変09:0221:03 東京メトロ明治神宮駅B2Fにて、虎杖が帳を守る「蝗GUY」と戦闘開始
蝗害10:5087話 渋谷事変(5)蝗GUYのバネと顎の強さに関心する虎杖。やがて2本腕対4本腕の激しいバトルに発展
Impatience ft. Paranom and Kasper14:15圧倒的な強さで、虎杖が蝗GUYを倒す
宵祭り16:3184話 渋谷事変(2)東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホームにて、五条VS漏瑚、花御、脹相の戦闘開始
Decision19:51「領域展延」を放つ漏瑚と花御に対し一旦引いて考える五条だが、漏瑚の行動に怒りを露わにする
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

アニメ呪術廻戦「第32話 渋谷事変」は、原作83~84話で構成。

原作と物語の順序が大きく変更されています。

アニメの方が時系列的に話が分かりやすく、また、アニオリの追加シーンもあり、かなりおもしろくなっています。

【渋谷事変】第33話 渋谷事変 開門

渋谷駅地下ホーム。

一般人を盾にされながらも、漏瑚、花御、脹相を圧倒し追い詰める五条。

しかし、漏瑚達の狙いは、時間を稼ぎ、獄門疆により五条を封印することだった。

大量の改造人間と共に真人も参戦。

一般人を盾に五条を削ろうとする漏瑚達だったが、五条はある秘策に出る―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 10巻~11巻シーン
Decision02:2784話 渋谷事変(2)漏瑚・花御と対峙した五条は、まずは花御から祓うと宣言する
蝗害03:0485話 渋谷事変(3)無下限の術式を解いた五条が、漏瑚・花御・脹相と戦闘を開始。この戦闘により「花御」が退場
凶運07:5290話 渋谷事変(8)夏油は、獄門疆(ごくもんきょう)に五条を封印するための条件を、漏瑚・花御・真人に話す
呪霊の探索11:2188話 渋谷事変(6)車両の乗客を改造人間に変えた真人がホームに到着。漏瑚と合流する
With Rage12:3889話 渋谷事変(7)五条と真人・脹相、戦闘開始。脹相「百斂(びゃくれん)・超新星」、真人「多重魂・撥体 (ばったい)を発動
懐玉15:15五条が0.2秒の領域展開を発動。副都心線B5Fに放たれた改造人間およそ1000体を領域解除後299秒で鏖殺(おうさつ)
溢れ出す3年間の青い春18:2690話 渋谷事変(8)五条が死んだはずの夏油と再会。六眼は本物と認識するが、五条の魂がそれを否定し偽物だと見破る
You Jerk23:40次回予告(虎杖・釘崎・五条)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

五条悟の攻撃により、原作85話で「花御」が退場。

アニメ呪術廻戦「第33話 渋谷事変 開門」は、前回と同じく原作単行本10巻~11巻の話が大きく前後する構成。

冒頭の《Q(クエスチョン)アナタにとって五条悟とは?》の話は、原作10巻の巻末に書かれている閑話です。

見どころは死んだはずの夏油と五条の再会。

なぜ夏油が生きているのか、この話で明らかになっています。

【渋谷事変】第34話 昏乱

真人を追い、明治神宮前駅から渋谷駅に向かっていた虎杖の元に突如現れたのは、耳を覆うような形となった小さなメカ丸だった。

「五条 悟が封印されタ」と最悪の事態を告げるメカ丸。

半信半疑の虎杖達だったが、メカ丸の説明に状況を飲み込み、五条の封印を全ての術師に伝え、五条奪還の為に動き出す―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 11巻シーン
溢れ出す3年間の青い春00:4391話 渋谷事変(9)虎杖にミニメカ丸から連絡が入り、五条が封印されたことを知らされる
人から生まれた呪い04:52五条封印の話を聞いた冥冥は、その根拠についてミニメカ丸に問いただす
昏乱06:11ミニメカ丸から「2人を始末するため呪詛師が向かっている」と教えられた虎杖と冥冥。2人は迎え撃つ作戦を考える
人から生まれた呪い07:45ミニメカ丸は、虎杖に明治神宮前に戻り、術師全体に五条封印を伝達するよう作戦を伝える
Expectation08:56五条を封印した獄門疆が、突如、音を立てて床に落ち動かせなくなる
Decision10:5292話 渋谷事変(10)明治通りの歩道橋で補助監督たちに指示を出していた伊地知に、重面春田(しげもはるた)が襲いかかる
Recapture12:38獄門疆が動かせない状況をミニメカ丸から聞いた虎杖は、包囲網を作るため奔走する
裡にいる何者か16:0693話 渋谷事変(11)真人は虎杖を抹殺するため、偽夏油・漏瑚・脹相に「ゲームをしよう」と話を持ちかける
無下限呪術20:37七海から2人を任された猪野は、虎杖と伏黒に、五条がいなくなると困る2つのことを話しはじめる
You Jerk23:41次回予告(漏瑚・真人)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

アニメ呪術廻戦「第34話 昏乱」は、ほぼ原作通りの脚本になっています。

五条が封印されるシーンでは、アニオリの追加演出も加わって、原作よりわかりやすくなっていました。

ちなみに「獄門疆の色は白」と芥見先生が指定したとか。

それをふまえて、アニメ制作側がアレンジし、あのような演出になったそうです。

今回の話を境に、五条が活躍するシーンは当分ありません(アニオリの追加で登場する可能性は有り)。

五条推しのファンには、ちょっと寂しいかもしれませんが、その代わり虎杖たち1年ズが活躍します!

ぜひお楽しみに!

【渋谷事変】第35話 降霊

七海、伏黒、猪野と合流した虎杖は、七海から指示を受け、伏黒、猪野と共に「術師を入れない『帳』」を解くことに。

虎杖の打撃でもびくともしない『帳』に対し、3人は結界の基をあえて結界外の目立つ場所におくことで強度を上げていることに思い至り、渋谷の街に立つ一際高いタワーを目指す。

だがそこには呪詛師達が待ち構えていて―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 11巻シーン
Our Mission00:4694話 渋谷事変(12)虎杖・伏黒・猪野は、強固な帳を破るべく、その帳の強度を上げている原因を探る
Jujutsu Sorcerer02:26虎杖たちは、渋谷セルリアンタワーに帳の強度を上げている呪詛師たちを見つけ、戦闘を開始
未収録04:25呪詛師「粟坂」をビルの41階から落とした虎杖・伏黒だったが、粟坂は生きており、引き続き戦闘に突入する
宵祭り06:5595話 渋谷事変(13)一方、猪野はビルの屋上で呪詛師と戦闘。来訪瑞獣一番「獬豸(カイチ)」を放つ
With Rage09:40戦闘中の猪野は、さほど強くもない孫が、身を挺してオガミ婆を守る姿に違和感を感じる
呪霊の探索11:5396話 渋谷事変(14)オアガミ婆・粟坂の過去の回想シーン
Equilibrium14:01虎杖たちと戦闘中の粟坂は、過去に少年時代の五条と出会い、恐怖したことを思い出す
Little Hand16:43伏黒は、どんなに殴ってもダメージを受けない粟坂に違和感を感じ、粟坂の術式を探るため脱兎を放つ
共闘18:3897話 渋谷事変(15)虎杖が車を持ち上げ、粟坂に向かって投げ飛ばす
Delirious19:51粟坂の術式が"あべこべ"だとわかった伏黒は、虎杖に作戦を伝える
Your Battle is My Battle ft. Chica21:03虎杖と伏黒は、粟坂に作戦を悟らせないよう全力で馬力をアピールし、式神「蝦蟇(ガマ)」を使って粟坂にダメージを与える
You Jerk23:40次回予告(漏瑚・真人・夏油)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

今回のアニメ呪術廻戦「第35話 降霊」も、ほぼ原作と同じ構成。

戦闘シーンが多いこの回は、見ていてワクワクします。

また、五条悟の少年時代の姿が見られるのも、レアです。

そして、なんと言っても甚爾が復活!!

あと2、3話後に描かれる予定の、伏黒恵との親子対決も要チェックです!!!

ちなみに、予告編のキャラの会話は、芥見先生のオリジナルです(呪術廻戦アニメ公式発表)

【渋谷事変】第36話 鈍刀

虎杖と伏黒は、呪詛師・栗坂の術式を攻略し「術師を入れない『帳』」を解くことに成功。

一方、1級でしか通らない要請を済ませるため伊地知と合流しようとする七海だったが、何者かに刺され倒れている伊地知を発見する。

また、七海が伊地知を発見した少し前、真希の指示で伊地知の元に向かおうとする釘崎と新田だったが、そこに呪詛師が現れて―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 12巻シーン
Elegant Time02:2198話 渋谷事変(16)22:02 東京メトロ明治神宮前ー渋谷間にて、冥冥は呪詛師を追い詰め殲滅に成功
Little Hand05:1422:04 首都高速3号渋谷線Cタワー前にて、甚爾と戦闘していた猪野が戦いに負けビルから落下。虎杖が受け止め救助する
伏黒甚爾05:43降霊術によって孫に伏黒甚爾の霊を憑依させたオガミ婆だったが、孫の魂を凌駕した甚爾によって命を奪われてしまう
With Rage09:2298話~99話 渋谷事変(16~17)21:40 松濤文化村ストリート(帳外)にて、釘崎・新田が重面と遭遇し戦闘開始
呪胎戴天13:0699話 渋谷事変(17)重面の攻撃に倒れた釘崎。しかし、新田を助けるため、時間を稼ごうと重面に向かって話しかける
鈍刀15:31100話 渋谷事変(18)釘崎・新田のピンチに、七海が到着。仲間の数と配置を聞き出すため重面を問い詰めながら、力で圧倒し倒す
特級特定疾病呪霊「疱瘡神」19:40101話 渋谷事変(19)冥冥が夏油と対峙。しかし冥冥は偽の夏油だと見破り戦闘を開始。偽夏油は特級特定疾病呪霊「疱瘡神(ほうそうがみ)」を放つ
You Jerk次回予告(虎杖・釘崎・伊地知)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

今回のアニメ呪術廻戦「第36話 鈍刀」は、原作98話~101話で構成。

ですが、話の中での順番は、かなり細かく前後しています。

そこにアニオリのシーンが追加されている内容になっていました。

特に、倒れた伊地知を見つけた七海のシーンで、0.1秒ほどですが一瞬「灰原」が亡くなったときのカットが入っていたり、重症の伊地知を背負って歩く七海が見れたりと、このアニオリシーンは必見!

しかも、激オコの七海が超絶レアで、ナナミンが荒ぶった怒りのシーンは神作画でした!

一方、ついに虎杖と脹相が対峙。

ここから渋谷事変は怒涛の展開に突入していきます!

【渋谷事変】第37話 赫鱗

狗巻の助けもありなんとか渋谷駅構内に辿り着く虎杖。

そんな虎杖の前に現れた脹相は、「弟の仇…!!」と問答無用に襲い掛かる。

戦いの最中、苦戦する虎杖に対し脹相は問いかける。

「弟は、最期に何か言い遺したか?」

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 12巻シーン
宵祭り00:11100話 渋谷事変(18)渋谷駅付近まで辿り着いた虎杖は、無数の呪霊が人々を襲う光景を目にし困惑する。しかし、そこに狗巻が到着。虎杖を助ける
Attack By Storm03:43101話 渋谷事変(19)22:10渋谷駅構内。虎杖と鉢あわせた脹相は、弟の仇である虎杖に向けて、赤血操術奥義「穿血(せんけつ)」を放つ
自閉円頓裹05:14102話 渋谷事変(20)壊相と血塗の最後を虎杖に聞く脹相。「泣いてたよ」と聞かされた脹相は、その怒りを爆発させる
With Rage06:45103話 渋谷事変(21)穿血に苦戦する虎杖。地から足を離し穿血のタイミングを見極めようと行動を起こすが、脹相の別の技「超新星」で返り討ちにあってしまう
Prepare Yourself08:57104話 渋谷事変(22)虎杖にミニメカ丸から連絡が入り、赤血操術が加茂家相伝の術式であることを聞かされる
究極メカ丸絶対形態(モード・アブソリュート)10:33ミニメカ丸からの作戦でトイレに逃げ込む虎杖。そこに誘い込んだ脹相に大量の水を浴びせ、百斂を解く
赫鱗11:32ミニメカ丸の作戦が成功し、大量の水を浴びた脹相は体外での血液操作が不可能になる
領域展開への対抗手段12:46自分の土俵に持ち込んだ虎杖。脹相と激しい打撃戦をはじめる
Resolve14:33105話 渋谷事変(23)赤血操術「血星磊(けっせいせき)」により致命傷を負う虎杖。しかしそれをきっかけに自分の役割を理解し、命を賭けて脹相に立ち向かう
記憶20:23106話 渋谷事変(24)虎杖にトドメを刺そうとする脹相。しかし突如脳内に「存在しない記憶」が溢れだす。そして、その記憶の中に虎杖の姿を見つけ混乱する
You Jerk23:40次回予告(釘崎・伏黒・虎杖)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

今回のアニメ呪術廻戦「第37話 赫鱗」 は、原作100話~106話で構成。

虎杖と脹相の戦闘シーンがメインの話です。

原作では、この虎杖VS脹相戦の間に、冥冥と特級特定疾病呪霊「疱瘡神(ほうそうがみ)」の戦闘が描かれていますが、アニメでは、この話が前回の「第36話 鈍刀」で先に描かれています。

概ね原作通りではありますが、原作で使われていたセリフは、かなり割愛されていました。

しかし、アニオリの追加演出マシマシで、流れとしてはかなりわかりやすくなっています。

ちなみ、アニメで割愛された「超新星」の説明を追記します。

「超新星」は「百斂(びゃくれん)」で圧縮した血液を解放し、全方位散弾のように撃ち抜く技のことです。

見どころは、キャラの動きや表情を詳細に描いたバトルシーンが本当にスゴイところ。

CGを使った臨場感あるキャラの視点、流れるような動き、マンガでは味わえない神作画でした。

呪術廻戦は、名バトルシーンが多いマンガですが、アニメ化されたことで、この「虎杖VS脹相」戦も、記憶に残る"ベストバウト"に加わったことは間違いないでしょう。

【渋谷事変】第38話 揺蕩

夏油 傑の皮を被った何者かが呼び出した特級特定疾病呪霊と対峙する冥冥と憂憂。

冥冥は、状況を冷静に分析し、憂憂とある策を打つ。

一方重面を撃破した七海は、真希、直毘人と合流するが、能力未知数の呪霊と遭遇する。

直毘人は術式を発動し、素早い攻撃を仕掛けるが…。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 12巻~13巻シーン
呪霊の探索00:13102話 渋谷事変(20)疱瘡神の領域に引きずり込まれた冥冥は、領域内の必中効果につてい分析をはじめ討伐方法を探る
Equilibrium03:23憂憂のシン・陰流簡易領域によってできた一瞬の隙を突き、冥冥は疱瘡神の腕を斬り落とす。最後は神風(バードストライク)でトドメをさし撃破
With Rage08:04106話 渋谷事変(24)22:20井の頭線渋谷駅アベニュー口にて、七海・真希・直毘人が陀艮と遭遇。戦闘を開始する
渋谷事変09:20直毘人の攻撃によって、受胎から本来の姿になる陀艮。大量の水を作り出し、七海たちを攻撃する
共闘11:51107話 渋谷事変(25)守りの硬い陀艮に、苦戦する七海たち。そんな中、直毘人は陀艮の攻撃を封じるため"速度"を武器に反撃する
赫鱗13:14直毘人の投射呪法に対抗できず倒される陀艮。しかし、陀艮は腹部に刻んだ呪印を使い領域を展開する
揺蕩15:28108話 渋谷事変(26)陀艮が領域展開「蕩蘊平線(だううんへいせん)」を発動。七海たちは絶体絶命のピンチの陥る
呪術師・伏黒恵18:01七海たちを助けに、伏黒が合流。領域展開「嵌合暗翳庭」を発動する。
理子の捜索19:20109話 渋谷事変(27)領域展開中の伏黒が邪魔な陀艮。すぐさま伏黒を攻撃するが、七海が助けに入りピンチをしのぐ
鈍刀21:02伏黒は領域展開を使って、陀艮の領域にわずかな穴を空けることに成功。脱出しようとした矢先、その穴から甚爾が現れる
You Jerk23:40次回予告(冥冥・憂憂・虎杖)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

今回のアニメ呪術廻戦「第38話 揺蕩」 は、原作12巻102話・106話、13巻107話~109話で構成。

前半は冥冥VS疱瘡神(ほうそうがみ)、後半が七海・真希・直毘人・伏黒VS陀艮の話です。

原作で使われていたセリフが削られていたり、変更・追加されたりしています。

注目ポイントは、直毘人の術式「投射呪法」を、原作より前倒しで解説していたところ。

「アニメーションが1秒に何フレームあるか知っているか?」と陀艮に向けて直毘人が言うセリフが、この解説に繋がっています。

ちなみに直毘人の攻撃速度は、五条を除き、呪術師の中で最速。

作画に関しては問題はありませんでしたが、前回の虎杖VS脹相戦が神回だっただけに、物足りないと感じた人もいるかもしれませんね。

ただ、毎週これだけのクオリティを維持しているスタッフの皆さんには、感謝しかない!

次回も楽しみです!

【渋谷事変】第39話 揺蕩ー弐ー

特級呪霊・陀艮の領域展開「蕩蘊平線」により窮地に追い込まれた七海、真希、直毘人。

そこに現れた伏黒の加勢により死地に活路を見出すが、そこに甚爾が乱入。

暴走状態の甚爾はそのまま強者である陀艮に攻撃を仕掛ける。

一方、美々子と菜々子は、脹相との闘いで意識を失った虎杖の下に―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 13巻シーン
平等に与えられている不平等な現実00:04109話 渋谷事変(27)伏黒は七海に、「領域に穴を空ける」と説明。領域から全員の脱出を促す
鈍刀01:02伏黒の説明を聞いた七海は、直毘人と真希に集合するように婉曲に意図を伝える。しかし伏黒の空けた穴から突如甚爾が現れる
伏黒甚爾03:08110話 渋谷事変(28)術式の暴走により殺戮人形と化した甚爾。真希の呪具「游雲」を奪い取り、陀艮に襲いかかる
フィジカルギフテッド06:01甚爾VS陀艮。甚爾は陀艮の攻撃をものせず、速度を上げ、陀艮を追い詰めていく
Little Hand08:11游雲を陀艮に叩きつけ、圧倒する甚爾。その強さを目にした七海は、現状を打開するため甚爾に賭けることを伏黒に告げる
伏黒甚爾10:49111話 渋谷事変(29)甚爾によって陀艮が祓われ領域が消滅。七海たちは危機を脱する。しかし、甚爾は強者を求めて、今度は伏黒に襲いかかる
目覚め15:47112話 渋谷事変(30)気絶している虎杖に10本の宿儺の指を飲ませた漏瑚。その影響で目覚めた宿儺は、漏瑚の腕を斬り落す
Decision19:50夏油の体を取り戻して貰おうと宿儺に願う美々子と菜々子。しかし宿儺の不快を買い、その場で命を奪われてしまう
You Jerk23:40次回予告(七海・直毘人・真希)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

甚爾の攻撃により原作111話で「陀艮」が退場。

漏瑚の攻撃により原作111話で「禪院直毘人」が退場。

宿儺の攻撃により、原作112話で「美々子」「菜々子」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第39話 揺蕩ー弐ー」は、原作109話~112話で構成(単行本は13巻)。

若干セリフが変更されていたり、ナレーションが削られている部分はありましたが、概ね原作通りの脚本です。

前回の「第38話 揺蕩」で、直毘人の術式「投射呪法」の詳しい説明がされていましたが、原作では単行本13巻・11話の漏瑚から攻撃を受けた直毘人のシーンで、この説明がされています。

見どころは、甚爾VS陀艮の戦闘シーン。

甚爾カッコ良すぎます!

作画は少し荒めな感じを受けましたが、逆に原作に近く、臨場感があってキャラの動きも最高!

甚爾ファンには、たまらない戦闘シーンではないでしょうか。

一方、目覚めた宿儺によって、この111話から"退場キャラ"が続出します。

原作を読んでいる方は免疫ができていると思いますが、アニメ派のみなさんには、今後かなり厳しい展開が待っているので、心の準備が必要かもです。

【渋谷事変】第40話 霹靂

目を覚ました宿儺は漏瑚の助言には耳を傾けず、特級呪霊である漏瑚に対し、圧倒的な強さを見せつける。

一方、お互いを未だ知らず、対峙する伏黒と暴走する甚爾。

圧倒的な甚爾に対しギリギリの攻防を繰り広げる伏黒だったが―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 13巻~14巻シーン
伏黒甚爾02:02113話 渋谷事変(31)甚爾と対峙する伏黒。伏黒は甚爾に勝つイメージをしながら、脱兎で先制攻撃をかける
蝗害02:25甚爾に脱兎を放った伏黒だったが、宿儺の指の気配を感じ混乱。そして、甚爾の容赦のない攻撃が伏黒を襲う
A Little Lesson04:33114話 渋谷事変(32)渋谷ストリーム前。パンダは「五条のもとに急ごう」と日下部に提案するが、死にたくない日下部は言い訳をし難を逃れようとする
Attack By Storm06:24113話 渋谷事変(31)甚爾と戦闘中の伏黒。呪力が残っていない伏黒は、渋谷に家入が来ていることをアドバンテージに短期決戦で勝負をかける
未だ知らず08:06タイミングを見極め甚爾に攻撃をかける伏黒だったが、あっさり避けられてしまう
赫鱗12:12114話 渋谷事変(32)夏油の意思を継ぐ「祢木(ねぎ)」と「菅田」は、日下部たちに投降を持ちかけるも彼らは拒否。戦闘開始寸前、突如渋谷の街に爆音が響き渡る
霹靂13:08114~115 渋谷事変(32~33)漏瑚と宿儺の激しい戦闘。漏瑚は力の差を感じながらも、果敢に宿儺に挑んでいく
記憶19:37116話 渋谷事変(34)宿儺の「■」「開(フーガ)」を受けた漏瑚。死に際に花御や陀艮に会うなか、そこに宿儺が現れ、漏瑚に「誇れ お前は強い」と言葉をかける
You Jerk23:40次回予告(虎杖・釘崎・伏黒)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

宿儺の「■」「開(フーガ)」により、原作116話で「漏瑚」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第40話 霹靂」は、原作113話~116話で構成(単行本は13~14巻)。

原作と比較すると、話がかなり前後しています。

伏黒VS甚爾、宿儺VS漏瑚の戦闘シーンをメインに物語は進行。

そのため、原作であったセリフの変更や削除、ナレーションなども多く省かれていました。

宿儺の「■」「開(フーガ)」の、「■」の部分はキャラの口は動きましたが、声はカット。

巷では、「ボックス」や「しかく」と読んだりしていますが、本当の読み方が何なのか気になりますね。

また、考察組の中では、「アーク」ではないかと噂に・・・。

次回はついに、「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)」が登場!

宿儺VS魔虚羅、楽しみです!

【渋谷事変】第41話 霹靂-弐-

甚爾との戦闘で深手を負った伏黒は、たまたま居合わせた重面から不意打ちを受けてしまう。

瀕死状態に陥ってしまった伏黒は重い足取りで必死に歩を運ぶ。

道玄坂の広い交差点にたどり着いた伏黒は、自身の術式『十種影法術』によってある式神を呼び起こす―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 14巻シーン
呪霊の探索03:31117話 渋谷事変(35)式神「魔虚羅」の召喚を感じ取った宿儺。裏梅に「ゆめ準備を怠るな」と命令し、伏黒の元へ向かう
宵祭り06:29118話 渋谷事変(36)伏黒を活かすため、魔虚羅を呼んだ"調伏の儀"を無効にしようと考える宿儺。魔虚羅を倒すため戦闘を開始する
蝗害07:32戦いながらも、冷静に魔虚羅を分析する宿儺。対して魔虚羅は、容赦なく宿儺に攻撃を浴びせていく
霹靂10:27魔虚羅との戦闘を楽しむ宿儺は、街を破壊しながらその攻撃を強めていく
八握剣異戒神将魔虚羅12:16魔虚羅は、宿儺の攻撃に適応しながら何度も立ち上がり、宿儺に攻撃を仕掛けていく
伏魔御廚子13:41魔虚羅を"八岐大蛇"に近いモノと判断した宿儺。魔虚羅の能力が"あらゆる事象への適応"だと見抜き、領域を展開する
SPECIALZ [Explicit]20:27120話 渋谷事変(38)23:14道玄坂109前。宿儺から戻った虎杖は、破壊された街、自分が手にかけてしまった人たちを思い出し、その惨状に絶望する
You Jerk23:52次回予告(パンダ・日下部)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

宿儺により原作119話で「重面春太」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第41話 霹靂-弐-」は、原作117話~120話で構成(単行本は14巻)。

呪術廻戦の分岐点となる話なので、力の入れ方はスゴかったですね。

全体的に「映画?」と思えるほど、作画・音楽ともに見ごたえある演出の数々でした。

アニメオリジナルの追加やセリフの変更・削除など、原作より戦闘シーンに特化した演出で、見入ってしまったファンも多かったのではないでしょうか。

ちなみに、宿儺が魔虚羅に向かって歩いて行くシーン(アニメでは再生07:09頃)ですが、宿儺がジュースを飲み、ポップコーンを食べてます。これは、原作118話にはなかったおもしろいアニオリでした。

衝撃だったのは、ラスト。

原作を知っていても、辛かった・・・。

タイトルの「霹靂」とは、"予期せぬ突然の出来事"を意味します。

主人公の虎杖にとっては、まさにこれ。

ここから虎杖がどう考え行動していくのか、是非注目してください。

そして、いよいよ次回は、渋谷事変の中で、最も衝撃的な話になります。

タイトルの「理非(りひ)」とは、"道理にかなっていることと、外れていること"という意味。

このタイトルが何を意味するのか、是非次回の話で、確認してください。

【渋谷事変】第42話 理非

渋谷の街を壊し、数多の人を殺し、伏黒の式神を破った宿儺。

そして目覚めた虎杖はその凄惨な状況を目の当たりにする―。

悲愴な決意を顔に湛え、まるで幽鬼の様に歩を運ぶ虎杖。

その一方、疲れ切った七海は朦朧としながらも群がる改造人間を祓い続ける。

しかし、そこに真人が現れ―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 14巻シーン
曖昧な理由04:48120話 渋谷事変(38)漏瑚の攻撃により左半身に大やけどをおった七海。朦朧とする中、南国の島での生活を想像しながら、改造人間を祓い続けていく
フィジカルギフテッド11:06真人の無為転変により絶命する七海を目の当たりにした虎杖。怒り狂いながら、真人に攻撃を仕掛けていく
Arrogance13:05121話 渋谷事変(39)真人の挑発にキレる虎杖だったが、七海の言葉を思い出す。冷静になった虎杖は自分が呪術師であることを証明しようと決意をする
Delirious14:37真人に攻撃を仕掛けていく虎杖。一方、真人はあらゆる形に身体を変え、虎杖の攻撃をかわしていく
Attack By Storm16:01122話 渋谷事変(40)23:19 渋谷駅 道玄坂改札で激しい戦闘を続ける虎杖と真人。虎杖は真人の攻撃を冷静に分析しつつ、反撃の機会をうかがう
赫鱗17:09一進一退の攻防戦を繰り広げる虎杖と真人。リスクの冒し所を間違うと死ぬと感じた真人は、改造人間主体の攻撃に切り替える
最恐18:05戦闘中、一般人を見つける虎杖。彼らに避難を呼びかけるが、その一般人を乗っ取った真人から攻撃を受けてしまう
Equilibrium20:25虎杖と戦う前に、"切り札"として分身体を作っていた真人。その分身体が、23:16道玄坂小路で釘崎を見つけ、戦いをはじめる
You Jerk23:25次回予告(真人)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

真人により原作120話で「七海」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第42話 理非」は、原作120話~122話で構成(単行本は14巻)。

アニオリで追加したシーンが多く、原作よりシーンの変更、セリフやナレーションは割愛されていましたが、物語の流れ的には概ね原作通りの流れになっています。

オープニングあけで七海が南国を想像しながら歩くシーンは、懐玉・玉折/渋谷事変を象徴するような「青空」がとても印象的。

それが逆に悲しさを増して、その後の展開に涙した人は多いはずです(本当にこれはツライ!)

加えて、流れたBGMが美しい曲でツラさ倍増でしたね。

注目ポイントは、七海の親友「灰原」の登場シーン。

原作では後ろ姿だけでしたが、アニメでは正面・全身の灰原が描かれています。

アニメの"ナナミン退場シーン"は、ファンのメンタルが心配になるほど、原作以上にリアル。

七海役の津田さん、虎杖役の榎木さんの演技もスゴクて、原作派のファンも改めてダメージ受けたことは間違いありません。

さて、次回の「第42話 理非-弐-」は、原作通りに行けば、ダメ押しの衝撃回になります。

アニメ派の方は、心の準備が必要ですのでお気を付けください。

【渋谷事変】第43話 理非-弐-

真人と一進一退の闘いを繰り広げる虎杖だったが、一般人を利用した真人の策に苦戦する。

その頃、新田の制止を振り切って戦場に舞い戻った釘崎は、真人の分身体と遭遇する。

釘崎を殺し虎杖の魂を折ろうと企む真人に対し、真人の術式に警戒しながらも応戦する釘崎。

攻撃の効かない真人に対し、釘崎は―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 14~15巻シーン
フィジカルギフテッド02:31123話 渋谷事変(41)逃げようとする人たちを容赦無く手にかける真人。それを止めようとする虎杖だったが、苦戦する。一方、釘崎も真人の分身体と戦闘をはじめていた
呪術師・釘崎野薔薇05:23真人の分身体に共鳴りを打ち込む釘崎。その攻撃が、真人"本体"にダメージを与えたことに気づき、"分身体は術式を使えない"と見破る
理子の捜索07:58124話 渋谷事変(42)地下に逃げる分身体の真人。一方、同じく地下で虎杖と戦闘中だった本体の真人が、ダメージを修復するため分身体と1つに戻ろうと行動を起こす
Our Mission12:18125話 あの子の話小学生の釘崎と、転校生"ふみ"の話。いじめられたふみを助けた釘崎。ふみを助けたその日から、2人はよく遊ぶようになっていた
記憶16:24高校生になった釘崎とふみ。しかし釘崎は東京の高校に通うことが決まる。駅で見送るふみに、釘崎は「次会うときは三人で!!」と言い残す
悪くなかった20:03東京で働く沙織は、職場の先輩に昔話をしながら釘崎のことを思い出す。一方、釘崎も真人に触れられた顔を抑えながら過去を思い出していた
Prepare Yourself23:25次回予告(釘崎)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

真人により原作125話で「釘崎」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第43話 理非-弐-」は、原作123話~125話で構成(単行本は14~15巻)。

若干のセリフ変更や削除、アニメ独自の追加シーンなどはありましたが概ね原作通りの構成でした。

バトルシーンはいつもより少なめ。

ですが、釘崎の過去にスポットを当てた演出が胸にグッときます。

前回の話から続いての退場者。

呪術廻戦の中でも、最もキツイ話が、この"理非"です。

特に、人気のキャラ2人が退場するという悲しい結末・・・。

これには、呪術ファンもメンタルやられます。

一方、"釘崎復活説"などが巷では飛び交っています。

現在クライマックスを迎えている原作の呪術廻戦で、釘崎の復活があるのか注目したいところですね。

【渋谷事変】第44話 理非-参-

目の前の惨状に呆然と立ち尽くす虎杖。虎杖の心はもう限界を超えていた。

一方、思い描く理想の展開に「呪い」として興奮する真人は、更に虎杖に追い打ちをかける。

遂に真人は止めを刺そうするが、その時―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 15巻シーン
未収録04:38126話 渋谷事変(43)七海・釘崎の死に心が折れてしまい、真人に打ちのめされる虎杖。真人にトドメを刺されそうになるが、そのピンチに颯爽と東堂が現れる
託されたもの10:10127話 渋谷事変(44)「もう戦えない」と戦意を喪失した虎杖に、「オマエは何を託された?」と問いかける東堂。その言葉に後押しされ、虎杖は徐々に気力を取り戻す
記憶15:48128話 渋谷事変(45)京都に帰る新幹線の中でミニメカ丸と会話する三輪。メカ丸の最後の言葉に三輪は号泣、それを聞いていた京都校の面々はそれぞれに思いを巡らせる
理子の捜索17:29虎杖・東堂VS真人。東堂の「不義遊戯」を駆使しながら徐々に真人を追い詰める。一方、真人は魂の残りを冷静に分析しながら、次の手を考えていた
Little Hand19:20「不義遊戯」を封じるため、東堂に攻撃を仕掛ける真人。東堂はその攻撃をかわしながら、離れていた虎杖と合流。次の一手を考える
共闘20:39強くなった虎杖、黒閃を決めた真人を見て「自分が置いて行かれた」と感じる東堂。自問自答の中、自身を鼓舞し、東堂はついに黒閃を放つ
more than words21:55東堂の黒閃は真人の魂に響かず無意味に。しかし、この東堂の攻撃をきっかけに、虎杖・東堂・真人は、120%の潜在能力を引き出すことになる
You Jerk23:25次回予告(東堂・歌姫)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

04:38ごろに流れた曲は、「漢・東堂葵」をアレンジしたBGMだと思われます。

今回のアニメ呪術廻戦「第44話 理非-参-」は、原作126話~133話で構成(単行本は15巻)。

原作ストーリーの前後、アニオリの追加シーンやセリフの変更などはありましたが、概ね原作通り。

ちなみに、オープニング明けの東堂と新田(弟)の会話シーンは、133話:渋谷事変(50)の冒頭シーンです。

また、オープニング曲のラストの作画が変わっています。

今までは、渋谷事変で戦うメーバー(七海や釘崎など)が、ビルを背にして立っている作画でした。

ですが、今回からビルの背景だけになっています。

今回も細かい演出が多く見られました。

印象的なシーンの中でも、特に、左顔面に穴が開いた釘崎目線で虎杖を見上げるシーンは原作には無い凝った演出。

七海の「後は頼みます」というセリフについては、原作ではセリフだけでしたが、アニメでは七海のカットインが入りました。

加えて、虎杖役の榎木淳弥さんの演技がヤバ過ぎで、胸がギュっとなります。

一方、真人役:島崎信長さんの演技はまさに狂気!

この真人は本当にヤバイです。

そして、なんと言っても、東堂の登場は熱かった!!。

このときの東堂は、本当にカッコイイ!!

東堂役:木村昴さんの落ち着く安心感のある声が、そのカッコ良さを引き立てています。

「俺達が生きている限り、死んでいった仲間達が真に敗北することはない!!」というセリフは名言。

東堂の言葉の数々は、虎杖が前を向くきっかけをくれました。

ちなみに、虎杖が「俺、ナナミンの分までちゃんと苦しむよ」というセリフで登場した挿絵。

これ、原作と同じです。

七海と虎杖が並ん歩く姿が、本当に素敵すぎて泣けます。

また、三輪とメカ丸の最後の会話は、切なく、胸にグッと来るシーンでした。

涙した人は、多いかもしれませんね。

いずれにしろ、今回の「理非-参-」は激熱の神回でした。

【渋谷事変】第45話 変身

窮地を救われた虎杖は東堂に鼓舞され、立ち上がる。

激しい攻防の中、虎杖、真人に続いて東堂も黒閃を繰り出し、三者それぞれが120%の潜在能力を引き出すに至る。

ギアを上げた真人は、「多重魂」「撥体」による全方位範囲攻撃を繰り出し襲い掛かる。

ついに、虎杖、東堂、真人による最後の呪い合いが始まる―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 15巻シーン
共闘00:52129話 渋谷事変(46)虎杖・東堂VS真人。不義遊戯を使って攻撃を仕掛ける東堂。一方、真人は自切後、幾魂異性体(改造人間)を作り出し対抗する
宵祭り05:14幾魂異性体の正体を見破った東堂は2体の幾魂異性体と対峙する。一方、真人は虎杖と東堂の分断に成功。虎杖に単独で攻撃を仕掛けていく
呪霊の探索07:19129~130話 渋谷事変(46)(47)東堂に攻撃を当てるのはむずかしいと判断し、次の一手を考える真人。そして五条を思い出し、一か八か、0.2秒の領域展開を発動させる
不義遊戯08:35130話 渋谷事変(47)0.2秒の領域展開に成功した真人は、東堂に無為転変を当てる。一方、左腕に違和感を感じた東堂。自ら腕を斬り落としピンチを凌ぐ
最高潮☆JUMPING!09:53真人の黒閃を辛うじて凌いだ東堂。そんなとき東堂が身に付けていたネックレスの紐が切れ、地面の落ちる。
変身11:48東堂の機転で、真人に黒閃を当てた虎杖。しかし、真人は自身の魂の本質を掴み、遍殺即霊体へと変貌する
Impatience ft. Paranom and Kasper15:53131~132話 渋谷事変(48)(49)足に力が入らなくなった虎杖。領域展開直後に黒閃を喰らった歪みで左肩が剥がれ落ちる真人。双方の死力を尽くした攻防戦に突入する
託されたもの17:18132話 渋谷事変(49)逕庭拳を真人にブツけた虎杖。そこに東堂が現れフェイクの不義遊戯を発動。入替わると思い込んでいた真人に虎杖は全力の黒閃を直撃させる
裡にいる何者か23:25次回予告(夏油)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

今回のアニメ呪術廻戦「第45話 変身」は、原作129話~132話で構成(単行本は15巻)。

原作と比較するとセリフの変更やカット、シーンの前後などはありましたが、概ね原作通りでした。

アニオリで追加された東堂が高田ちゃんを想像しながら一緒に戦うシーンは、ちょっと笑えます。

なんせ、東堂がセーラー服を着てましたから。

加えて、虎杖は真人に向かって「109」の看板をブン投げてましたね。

この、アニメならではの演出、最高です!

ちなみに、左腕を失い、不義遊戯も使えなくなった東堂。

原作も、最終局面に差し掛かっていますが、東堂は今のところちゃんと生存しています。

東堂推しの方はご安心を。

一方、ついに真人の「遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)」が登場。

真人の最終形態といったこの姿ですが、強い呪霊特有のデザインで、ちょっと魔虚羅と似てます。

しかし、めちゃくちゃ強い"はず"の、遍殺即霊体の真人ですが、領域展開直後に虎杖の黒閃を受けたことで、本領発揮はできませんでした。

ついに、因縁の敵、真人を追い詰めた虎杖。

「俺はオマエだ」からはじまる、虎杖の長いセリフがとても印象的でした。

冷静に淡々と、そして、虎杖らしからぬ冷たい声(榎木さんの演技がヤバイです)。

いよいよ、この戦いも決着のときが近づいているのを感じさせます。

今回の見せ場であったことは、間違いありません。

ぜひ、このシーンに注目してください。

そして、久々に登場した偽夏油。

最後に、真人に「助けてあげようか」と声をかけたところで、今回の話は終わりました。

さて、偽夏油はいったい何を考え、次にどんな行動をとるのか・・・。

次回の衝撃展開もお見逃しなく!

【渋谷事変】第46話 変身-弐-

虎杖と真人の死闘に決着がついたかと思われた瞬間、「助けてあげようか、真人」と夏油の皮をかぶった何者かが真人に声をかける。

瞬時に虎杖は眼前に立つその男が五条を封印した者と同一人物だと気づき立ち向かうが、その男が繰り出す夏油 傑の呪霊操術により阻まれる。

そしてその男は、ある事を語り始め…。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 15~16巻シーン
溢れ出す3年間の青い春03:46133話 渋谷事変(50)「助けてあげようか」と真人に話しかける偽夏油。そこに封印された五条を奪還すべく虎杖が駆けつけるが、偽夏油の術に翻弄されてしまう
呪霊の探索06:02偽夏油に無為転変を仕掛けようとするもかわされてしまう真人。「知ってたさ だって俺は人間(オマエラ)から生まれたんだから」と言葉を残し偽夏油に取り込まれてしまう
呪霊の味08:34134話 渋谷事変(51)傷だらけの虎杖に呪霊操術「極ノ番 うずまき」について語りはじめる偽夏油。虎杖はその姿を見つつ、様子を窺う
宵祭り09:56真人を取り込んだ呪霊の玉を飲み込む偽夏油。そこに京都校の生徒が駆けつけ、偽夏油と戦闘をはじめる
憎むべき者13:31「俺には3人の親がいる」と思いを巡らせ偽夏油の正体に気づく脹相。それを見た日下部は、肉体を乗り換える術式を持つ黒幕として加茂憲倫は妥当な人選だと納得する
痛み15:02135話 渋谷事変(52)血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいようと感じとれる脹相の術式。脹相は虎杖との戦いで虎杖の死を感じとったことを、改めて思い出していた
呪術廻戦16:11自身と虎杖の関係を理解した脹相は全力でお兄ちゃんを遂行すると決意。偽夏油に向けて、高圧力の穿血(せんけつ)を放つ
Decision19:34脹相の行動で場が乱れ、この機に乗じて獄門疆を奪い返そうとする虎杖たち。しかし裏梅が氷凝呪法「霜凪(しもなぎ)」を使い虎杖たちは凍ってしまう
未収録20:22宿儺に受肉されていることが原因で氷結が1人だけ甘かった虎杖。氷結を打ち破り、裏梅に追い詰められていた脹相のピンチを救う
You Jerk23:25次回予告(九十九)
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
今回の"退場"キャラ

偽夏油により原作133話で「真人」が退場。

今回のアニメ呪術廻戦「第46話 変身-弐-」は、原作133話~135話で構成(単行本は15~16巻)。

概ね原作通りの構成でしたが、バトルシーンに関してはアニオリ"マシマシ"です。

特に脹相VS偽夏油のシーンは、見ごたえ十分!

「脹相ファンが、これで急増するんじゃないか?」と思えるほど、お兄ちゃんがカッコイイです。

ちなみに原作だと、この133話の冒頭に、東堂と新田が虎杖と合流する前のシーンが描かれています。

このシーンに関しては、「第44話 理非-参-」に前倒しで差し替えになっているで、話の流れはアニメの方がわかりやすいです。

今回の注目ポイントは3つ。

  • ①真人の退場
  • ②偽夏油の正体
  • ③脹相と虎杖の関係

①真人の退場

真人の最後は、意外にあっさり。

偽夏油に無為転変を仕掛けようとしたところをかわされ、偽夏油に取り込まれて終わりです。

原作にはありませんでしたが、取り込まれるときに真人が逃げようとするシーンは印象的でした。

②偽夏油の正体

この話で、偽夏油の中身が誰なのか"ある程度"判明します。

ですが、「加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない。好きに呼びなよ」と偽夏油が言っていたように、本当の正体がわかるのは、もう少し先になります。

原作を読んでいる人は、この言葉の意味が何を指しているのか理解できると思いますが、アニメ派の人には今一つ理解ができない部分かもしれませんね。

③脹相と虎杖の関係

脹相と虎杖は"兄弟"です。

これに関しても、アニメ派の人は、「なんで急にお兄ちゃん?」と戸惑う人が多かったかもしれません。

ざっくり言うと、母親違いの兄弟で、それに血を混ぜたのが加茂憲倫ということになります。

つまり、加茂憲倫は脹相と虎杖にとって、親みたいなもの。

偽夏油が言っていた「"我ながら"流石と言うべきか」という言葉は、ここに繋がっているわけです。

今回は割愛しますが、この親子・兄弟関係は結構複雑。

かなりディープです。

アニメではもっと先の話として描かれると思われますが、後にこの関係が物語を大きく動かしていくので、ぜひ、今後の展開に注目してください。

さて、次週で渋谷事変も最終回!!

どんな形でアニメ呪術廻戦「渋谷事変」を締めくくるのか、お見逃しなく!

【渋谷事変】第47話 渋谷事変 閉門

渋谷事変の最終局面に呪術師が集うなかで、脹相は夏油の亡骸に寄生する“黒幕”の正体に気付く。

そして、絶体絶命の危機に現れた特級術師・九十九由基。九十九と“黒幕”がそれぞれ語る人類の未来(ネクストステージ)。

事変の終焉が招く破滅と混乱、世界は急変する―。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スクロールできます
音楽時間原作 16巻シーン
裡にいる何者か02:06136話 渋谷事変(53)世界から呪霊をなくす方法について偽夏油と会話する九十九。「呪力からの脱却だよ」と話す九十九に対し、偽夏油は「呪力の最適化だ」と答える
宵祭り04:43術式を遠隔発動させるため、取り込んだ真人の無為転変を使う偽夏油。その目的は、偽夏油がマーキングした非術師の封印を解くためだった
未収録05:59偽夏油の遠隔の術式(無為転変)によって、意識不明で入院していた伏黒の姉「津美紀」が目を覚ます
未収録06:36封印を解いた呪物達が呪力を理解できるように、呪物達を戦わせると話す偽夏油。「人間の理性をナメすぎだ」と九十九は怒りを露わにする
未収録19:02137話 堅白呪術総監部と話す乙骨。虎杖悠仁は自分が排除すると伝える
未収録19:47呪術総監部は数々の決定を下す。①夏油に再度の死刑宣告、②五条の呪術界からの永久追放、③夜蛾に死罪認定、④虎杖の死刑執行猶予取り消し、⑤虎杖の死刑執行役に乙骨を任命
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

なお、アニメ「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」本編内で使用されている曲の中には、サウンドトラック未収録、または、どの場面で使用されたBGMなのか確認が取れない曲もあります。

あらかじめご了承ください。

もし、お気づきの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄で情報をお寄せください。

今回のアニメ呪術廻戦「第47話 渋谷事変 閉門」は、原作136話~139話で構成(単行本は16巻)。

若干のセリフ変更やアニオリの追加シーンなどがあり、話の流れも一部前後しています。

乙骨が少女を救った後、九十九が「すまない あの時 迷った」と話し出すところは、原作138話「禪院家」で登場したシーンで、その後、137話「堅白」に戻り、高専上層部と話す乙骨のシーンに戻る流れになっています。

また、ラストの虎杖が手を「パンッ!」と叩くシーンは、原作139話「狩人」の冒頭シーンです。

アニオリの追加シーンとしては、日本の混乱状態を表現した演出が非常にリアル。

ちなみにこのシーン、原作では吹き出しの文章だけで表現されています。

おまけの注目ポイントとしては、オープニング主題歌の映像(動画再生1:05ごろ)に乙骨が登場してましたね。

今後、乙骨が活躍する場面が多くなることを予感させる、印象的な演出でした。

さて、今回で「渋谷事変」は終了。

次回作の「死滅回遊編」も制作が決定しています。

「死滅回遊編」の放送がいつごろになるのか気になるところですが、今までの流れから推測すると、恐らく早くても2025年ごろになるのではないかと思われます。

  • 1期:2020年10月3日~2021年3月27日
  • 劇場版呪術廻戦0:2021年12月24日
  • 2期:2023年7月6日 ~12月28日

原作が2024年で終了すると言われているため、それに合わせてアニメ化される可能性も考えられます。

いずれにしろ、死滅回遊編は登場するキャラクターも増え、バトルシーンも多いため、見どころ満載の作品になることは間違いありません。

期待して一緒に待ちましょう!!

呪術廻戦用 サムネイル2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ