Sketchbookのレイヤ(レイヤー)操作をマスターしよう 

レイヤ(レイヤー)操作をマスターしよう

レイヤ(レイヤー)の操作について 

Sketchbookにかかわらず、ペイントソフトを使う上で、絶対におぼえておきたい操作の一つがレイヤの操作です。

今回は、レイヤに関する情報だけを数回に分けて解説していきます。

それではさっそく、はじめましょう!

もくじ

レイヤとは?

簡単にいうと、「絵を描くスペース」「層」のことです。

レイヤごとに、パーツを描いて、重ねるようにしてイラストを完成させていきます。

Sketchbookの場合は、画面の右側が、「レイヤ」のエリアです。

Sketchbook レイヤのエリア

ペイントソフトを使う上で、「レイヤ」の操作は必須です。

基本操作は必ずおぼえておきましょう。

レイヤの背景色の変更と透過保存

レイヤのエリア下側に、背景の色を選ぶ箇所があります。

絵が描きやすい色を選んでください。

Sketchbook レイヤ 背景色

背景色が表示されている状態で保存すると、そのまま保存されます。

「透過(背景無し)の状態」で保存したいときは、背景色を「非表示」にして保存してください。

レイヤの増やし方

レイヤを増やすときは、レイヤのエリア、1番上の「+」ボタンを押してください。

Sketchbook レイヤ 増やし方

レイヤの非表示とロック

レイヤを「非表示」にするときは、選択しているレイヤの左側上にある、「目」のマークを押してください。

何枚ものレイヤに絵を描いていくと、わかりずらくなるときがあります。

そんなときは、作業中のレイヤ以外を非表示にしておくと、絵が描きやすくなるでしょう。

Sketchbook レイヤの非表示とロック

レイヤを「ロック」するときは、選択しているレイヤの左側下にある「カギ」のマークを押してください。

ロックすると解除するまで、そのレイヤに絵を描くことはできません。

作業中のレイヤ以外をロックしておけば、不要な色や線が入ることを防げるでしょう。

ただし、「不透明ロック」という機能を使う場合は、ロックをしていても塗りつぶした部分や図形などに線が描けます。

※不透明ロックについては、別の章でくわしく解説します。

レイヤの移動

移動させたいレイヤを選択し、長押ししたまま動かせば移動ができます。

参考画像では、「2」のレイヤを「3」のレイヤの上に移動させています。

Sketchbook レイヤ 移動方法

👇

Sketchbook レイヤ 移動完了画面

レイヤを移動させたい場所まで動かしたら、ペンか指を離して完了です。

レイヤの移動操作は、ペイントソフトを使う上で、必ず必要になります。

ぜひ、おぼえておきましょう。

レイヤからの色変更

ダブルパックを使わずに、レイヤーからでも色の変更ができます。

レイヤのエリア1番下にある、「カラーホイールのマーク」を押してください。

Sketchbook レイヤ カラーホイール

カラーホイールが表示されます。

Sketchbook レイヤ カラーホイール 表示画像


元の画面に戻るときはレイヤのエリア下にある、「レイヤのマーク」を押して戻してください。

カラーホイールから選んだ色が、ダブルパックに反映されます。

Sketchbook レイヤ ダブルパックに色が反映される

Sketchbookの場合、色の変更はダブルパックですることが多いですが、レイヤからでも色の変更は可能です。

使いやすい方を選んでください。

『Sketchbookのレイヤ(レイヤー)操作をマスターしよう 』の解説は以上です。おつかれさまでした!

次回は、【Sketchbookのレイヤの中にあるメニューをおぼえよう】です。
レイヤの中にある、『メニュー』についての学習になります。
メニューの種類や操作方法を、この章でおぼえていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


アートランキング
レイヤ(レイヤー)操作をマスターしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ