デニムマスクはおしゃれでカッコイイ!!

デニムマスク用 サムネイル

コロナ渦がまだまだつづいていますが、みなさんお体は大丈夫ですか?

手洗い、うがいにと予防するのも大変ですよね。

予防といえば、「マスク」ですが、今やマスクは必需品です。

最近では、予防を強化するために、不織布マスクのうえに、布マスクをするという、「2重装着」が多くみられるようになりました。

そこで注目されているのが、「デニムマスク」です。

なぜなら、デニムマスクであれば、予防とあわせて、ファッションとしても取り入れることができます。

では、デニムマスクとはどんなものでしょうか?
有名なのは知っているけど、実は、詳細なことは知らないという方がほとんどなんです。

そんな方のためにこの記事ではデニムについての情報や、岡山県総社市で作られている「総社デニムマスク」について詳しくご紹介します。

もくじ

倉敷市児島はジーンズの発祥地!

岡山といえば、「桃太郎」と思う方は多いですが、「ジーンズ」生産が世界的に有名な県でもあります。

特に、倉敷市児島で作られるジーンズ製品は、国内生産量1位です。

あなたが、愛用しているジーンズも、児島で作られたものかもしれません。

もともと、岡山県は繊維産業が盛んな県でした。
岡山県の繊維産業は、江戸時代の綿花栽培をルーツとして発展しています。

明治時代から、養蚕、製糸、綿紡績には力を入れており、岡山県中・北部を中心に、多くの民間製糸工場が設立されました。

大正末期には、児島地域の業者が足袋の生産や縫製技術を活用して、学生服、作業服の製造をするようになります。

デニム生地1

昭和になると、被服縫製が主要産業になっていたため、染色、ミシン販売、ボタン製造などの周辺業種が集積して、発展していきました。

縫製品では、児島地区で生産される綿の学生服が「動きやすくて、丈夫で安価」ということから急速に発展し、ほぼ全国の市場を独占していたのです。

ですが、戦後に合繊メーカーの系列化が進み、従来の紡績~撚糸~織物~染色~縫製という、産地一貫生産体制が崩れます。
学生服素材の染色業者にとっては、体制の崩壊は死活問題でした。

そこで着目したのが、「ジーンズ」です。

1964年、マルオ被服(現在の株式会社ビッグジョン)の社長らがジーンズの販売を決定し、アメリカから50反のデニム生地を輸入しました。

その後、1965年に自社で縫製したジーンズを販売します。

これが国内で縫製されたジーンズとしては第1号で、児島が「国産ジーンズ発祥の地」といわれるようになった理由です。

その後、1973年に「倉敷紡績」が、日本発の国産デニム生地を開発しました。

総社デニムマスクって?

岡山県総社市は、人口6.706万人が住む自然豊かな街です。

鬼ノ城」や「備中国分寺」が有名な場所でもあります。


「総社デニムマスク」が注目されたのは、コロナ禍のマスク不足のとき。
「予防ができて、洗えて、おしゃれ」という3拍子そろったマスクだったため、その人気はあっというまに広がりました。

2022年8月の時点では簡単に注文できますが、マスク不足のときには筆者も注文して4カ月待ちました。
届いたときの感動は、今でもおぼえています。

sora

ホントにかっこいいんだよ!

では、このマスクはなぜ作られるようになったのでしょうか?

そこには、大きな目的が3つありました。

① マスク不足の解消

② 工賃向上による障がい者の、生活の質の向上

③ A型B型事業所の雇用と経営の安定化

※このマスクは、総社市内の福祉施設で作られています。
 福祉施設には、就労継続支援のA型事業所とB型事業所があり、「総社デニムマスク」を作っています。

このように、ジーンズの生産が盛んな岡山の利点をいかしつつ、マスク不足の解消と、障がい者の方たちを支援する目的で、総社マスクは生まれました。

デニム生地だから丈夫

縫製もしっかりしているので、ちょっとやそっとでは破れません。

また、洗濯しても型崩れしにくい特徴があります。

総社デニムマスク アップ画像

おしゃれでカッコイイだけじゃない!衛生的にもバッチリ!

服を選ばないデザインのため、見た目を気にする必要がありません。

立体加工なので、息もしやすいです。
個人差はありますが、通気性がいいので、メガネもくもりにくい特徴があります。

また、コットン100%で、抗菌・抗ウィルス機能繊維加工技術クレンゼ
施した生地を使用しています。

固定化抗菌成分、「イータック」を活用して、繊維表面に強力に固定しています。

総社デニムマスク 裏地画像

サイズが充実している!

サイズは、4種類あります。

●2重マスク用の特大:横13cm×縦16cm

●小学生から大人用:(大)9.5cm×13.5cm (中)8.5cm×12.5cm

●小児用:(小)7.5cm×10cm

サイズ参考資料:総社デニムマスク公式PDF

デザインの種類が豊富

基本のデニム以外にも、季節にあわせたデザインを随時だしています。

色柄もシンプルで使いやすく、暑い時期でも使えるように夏用も販売されています。

下記のマスクの画像は、2021年の限定カラーのため、販売は終了しています。

デニムマスク夏用(限定商品)
デニムマスク夏用(限定)ブルー

手作りなのに、価格が手ごろ!

窓口販売:600円(地元の方向け)

通信販売:1000~1100円(県外の方向け)

洗濯が少し面倒

中性洗剤に、30分ほどつけたあとに、押し洗いが必要です。

きれいに洗ったら、乾いたタオルで押して水けをとり、陰干ししてください。

ファンデーションがついた場合は、軽くこすり洗いすれば、かなりきれいに汚れが落ちます。

予備のゴムとマスク用のアジャスターが必要

耳が痛くなりやすい方なら付属のゴムではなく、耳にやさしいマスク用のゴムを使うことをオススメします。
ゴムが切れたりすることを考えて、予備のゴムをもっておくのもいいでしょう。

また、ゴムの長さが調整できる、マスク用ゴムのアジャスターを使うと便利です。

今回は、「総社デニムマスク」についてご紹介しました。

ちなみに筆者は倉敷市の出身で、ジーンズの発祥地である児島は隣町です。
デニム生地がジーンズだけではなく、さまざまなものに使われてきたのを見て育ちました。
なので、デニム生地のよさは、よ~く知っています。

総社デニムマスクを愛用して、2年くらいたちました。

かなりの回数洗っていますが、生地が丈夫なので、今でも問題なく使用できています。
デザインがおしゃれなところはもちろん、使い心地がよくて、息が苦しくないところも気に入っている理由です。

興味がある方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

それでは、今回はこのへんで!

ご覧いただきありがとうございました!


人気ブログランキング
デニムマスク用 サムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ