アニメ「王様ランキング」第二十話 あらすじと感想

王様ランキング第二十話あらすじと感想

人気コミック「王様ランキング」のアニメについて、この記事では簡単なあらすじと個人的な感想をまとめています。

一部ネタバレを含みますので、ご注意ください。

もくじ

第二十話 “不死身”対“無敵” 

王様ランキング アニメ第二十話

大きな川のほとりでミランジョの悲劇的な過去を知るボッジ。

そして、ミランジョの心が揺れ始める。

生の世界へと戻ったボッジ、カゲ、デスパーの前に現れたボッスは、瀕死のボッジに向かい、こん棒を振り上げる・・・。

(C) 十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会

 脚本
岸本卓
 絵コンテ
鎌倉由実
 演出
鎌倉由実
作画監督
桜井正明/名倉智史/吉田和香子/石川真理子/渡辺愛
 総作画監督
河毛雅妃

今回は、コミック10巻後半(128話~)から、11巻後半(140話)まで一気にお話が進みます。

不思議な世界で、今は亡きボッジの母親シーナと、ミランジョの母親と再会したボッジ、デスパー、ミランジョ。

ミランジョによって命を奪われたシーナでしたが、彼女を許します。

ミランジョの母親から、彼女の過去について聞いていたからです。

「罪を憎んで、人を憎まず」。

器のデカイ、シーナらしい結論でした。

この出会いによって、ミランジョの心に変化が起きます。

一方、ボッジはデスパーの力によってミランジョのつらい過去を見ることになり、情が移ってしまいました。

しかし、魔神との契約によってミランジョが本当に死んだとき、魂が食べられてしまうため、天国にも行けないことを知り、ボッジは涙します。

ミランジョを救える方法あるのか?

そして、オウケンと戦い瀕死の状態となった四天王たちと、息を吹き返し現世に戻ったボッジたちの前に、ダイダに乗り移った、ボッスが登場します!!!

クライマックスに向けて、次回第二十一話は、王様ランキング最高の見せ場になることは、間違いありません!

残念ながら、コミック11巻前半の、ボッスとミランジョとの過去についてのお話は、第二十話では描かれていませんでした(カットされたのか?!)

第二十一話で盛り込んでくるのかはわかりませんが、かなり重要なお話なので、気になる方はコミック11巻をチェックしてくださいね!

第二十一話 王の剣

王様ランキング第二十話あらすじと感想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ