Sketchbookのガイドを使ってプロ級のデザインをしてみよう

ガイドを使ってプロ級のデザインをしてみよう

ガイドと対称について

Sketchbookの人気機能といえば、今回ご紹介する『ガイドと対称』です。


描きやすさはもちろん、この『ガイドと対称』を応用すれば初心者の方でも、プロのようなデザインが簡単にできます。

今回は、この『ガイドと対称』についての解説です。

それでは、さっそくはじめましょう!

もくじ

ガイド(ルーラー)

画面上左から7番目にあるのが「ガイド」です。

「ガイド」は、いわゆる「定規」になります。

ガイドの良さは、簡単に線が引けるところです。

ガイドを表示した状態であれば、定規にペンを合わせなくても、
画面上の好きなところから線が引けます。

参考画像は、直線を引くときに使用する「ルーラー」を使ったものです。

Sketchbook ガイド ルーラー

ガイドの中にある、3つの定規は、簡単に移動ができますし、角度を変えることも可能です。

角度を変えるときは画面下に角度が表示されるので、参考にするといいでしょう。

ガイド(曲線ルーラー)

「曲線ルーラー」は、丸みのあるものを描くときに使うと便利です。

ルーラー同様、表示された状態であれば、好きなところから線が描けます。

Sketchbook ガイド 曲線ルーラー

曲線ルーラーには3点の〇がついています。

この〇は、曲線ルーラーの移動や角度調整、拡大、縮小をするときに使う部分です。

〇の部分を使って、簡単に形を変えることができます。

Sketchbook ガイド 曲線ルーラー 移動方法

ガイド(楕円)

「楕円」に「曲線ルーラー」同様、「〇」がついています。

この「〇」を使って、移動や角度調整、拡大、縮小が可能です。
また、「〇」の部分を長押しすると中心線が表示されます。

変更するときに楕円の面積や回転角度が画面下に表示されるので、参考にしてください。

Sketchbook ガイド 楕円

「ガイド」についての解説は以上です。

対称Y

画面上中央にあるのが「対称」です。

対称を使って絵を描くと、鏡で映したような状態で絵が描けます。

1番左側にあるのが「対称Y」です。

対称を押して、下に対称のメニューを表示させてください。

水平方向に対称の絵を描く機能になります。

Sketchbook 対称Y

対称X

左から2番目にあるのが「対称X」です。

垂直方向に対称の絵を描く機能になります。

Sketchbook 対称X

放射状とセクション

左から3番目にあるのが「放射状」なります。

放射状に絵を描く機能です。

「セクション」の数字を上げると、放射状の線が増えます。

セクションにあるスライドバーを使って、数の調整をしてください。

Sketchbook 放射状

中心線でストロークを延長

右から3番目にあるのが「中心線でストロークを延長」になります。

この機能を使って中心に向けて線を描くと、線が途中で止まることはありません。

Sketchbook 中心線でストロークを延長

中心線でストロークを停止

右から3番目のマークを再度押すと、「中心線でストロークを停止」に切り替わります。

先ほどの「中心線でストロークを延長」と違い、中心に向けて線を描くと、途中で止まる機能です。

Sketchbook 中心線でストロークを停止

対称線の移動と距離

対称を移動させるときは、中心にある〇で動かします。

画面の下には、中心から移動した距離が表示されるので、動かすときの参考にしてください。

Sketchbook 対称線の移動と距離

対称線をロック

右から2番目にあるカギのマークが、「対称線をロック」です。

対称線を固定するときに使います。

対称線の中心にある〇が消えると、ロックされた状態です。

解除するときは、再び、ロックのマークを押してください。

Sketchbook 対称線をロック

対称線を非表示

1番右にあるのが、「対称線を非表示」です。

対称線を隠すときに使います。

非表示になると対称線が消えて、非表示のマークに斜線がつきます。

解除するときは、再び同じマークを押してください。

対称についての説明は以上です。

対称は一度に同じ絵が描ける便利な機能です。
使いこなせるようになれば、オリジナルのデザインを簡単に作くることも可能になるでしょう。

参考例として、『描画スタイルと対称』を組み合わせた、簡単な絵を描を描きました。
まずは『描画スタイル』について説明をします。

描画スタイル

画面上右から7番目にあるのが「描画スタイル」です。

「線分」「楕円」「四角形」の3種類線から選べます。

支点を決めて、下方向に引っ張るようにして操作してください。

Sketchbook 描画スタイル

描画スタイルと対称を組み合わせる

応用として、「描画スタイル」と「対称」を組み合わせた参考の絵を描いてみました。

描画スタイルと対称の組み合わせで、参考画像のような絵が簡単に描けます。

ぜひ組み合わせて描いてください。

Sketchbook 描画スタイルと対称の組み合わせ

『Sketchbookのガイドを使ってプロ級のデザインをしてみよう』の解説は以上です。
おつかれさまでした!

『ガイドと対称』は、Sketchbookの最大の特徴といっても過言ではない機能です。
この機能を使って、オリジナル作品をたくさん描いてください。
おもしろい絵が描けることは、間違いありません!

次回は、【Sketchbookの予測ストロークと描画をインポート】です。
線をきれいに描くための設定と、画像の取り込み方について解説します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


アートランキング
ガイドを使ってプロ級のデザインをしてみよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ