Sketchbookの微速度撮影と全画面表示

微速度撮影と全画面表示

微速度撮影と全画面表示について

今回は、絵を描いたり、編集したりしている工程が撮影できる『微速度撮影』と画面を広く使う、『全画面表示』について解説します。

それではさっそくはじめましょう!

もくじ

微速度撮影

画面上右から2番目にあるのが「微速度撮影」になります。

作業工程の録画ができる機能です。

録画した動画を、動画サイトにアップすることも可能です。
また、簡単なアニメーションを作ることもできます。

Sketchbook 微速度撮影

非常にシンプルですが、微速度撮影を使った、30秒の短い参考動画を作ってみました。

完成度が高いものではありませんので、あらかじめご了承ください。

※お使いのスマホやタブレットによっては、こちらのページが白くなって表示されることがあります。
中央に表示されている「再生ボタン」を押すか、タップすれば、再生可能です。

作り方はいたってシンプルです。

あらかじめレイヤーに絵を描いておき、非表示にしておきます。
その後、段階に合わせてレイヤを表示していくだけです。


撮影中に一部、簡単に線を描いたり、点を入れたりするだけで、パラパラ漫画のようなアニメショーンが作成できます。

ちなみに、最後の線が消える部分は、消しゴムを使って効果を出しました。

「描いた線を消す」といったアナログな作業ですが、それっぽくなるところが面白い。

アイデア次第で、誰でも簡単に作成できるので、ぜひ試してください。

全画面表示

画面上1番右にあるのが、「全画面表示」になります。

キャンバスを広く使いたいときに使う機能です。

「全画面表示」を押すと、次のような画面に切り替わります。

Sketchbook 全画面表示

参考画像は、ツールのメニューが、隠れた状態です。

画面左側の〇を押すと、隠れているツールの表示ができます。

Sketchbook 全画面 左側のツールボタン

〇を押したあとの画面です。

「カラー」、「ブラシ」、「レイヤ」の表示ができます。

〇の部分を上げると「ブラシ」、下げると「レイヤ」の表示が可能です。

Sketchbook 全画面 左側のツールボタン カラー ブラシ レイヤ

〇の部分を左手で押したままの状態で、右手で選択する操作方法になります。
〇の部分から手を離すと、メニューがすぐに隠れるからです。
この操作は少しコツが必要になるでしょう。

無理に使う必要はありません。

画面左側にあるスライドバーを使うと、「ブラシの太さ」と、「不透明度」の調整ができます。

ブラシエリアの右側にある、スライドバーと同じものです。

Sketchbook 全画面 左側のスライドボタン 

「全画面表示」を元の戻すときは、画面右上に表示されている、「キャンバスのマーク」を押してください。

Sketchbook 全画面 元の画面に戻る

微速度撮影を応用すると、簡単なアニメーションが作成できます。
作業工程を録画して、マニュアル的な動画を作るのもいいでしょう。

全画面表示に関しては、使うのに少しコツがいるため、好みに合わせて、使い分けてください。
ちなみに筆者は、ほぼ使っておりません。(使わなくても問題ないので・・・)

『Sketchbookの微速度撮影と全画面表示』の解説は以上です。おつかれさまでした!

次回は、『Sketchbookの絵の保存とフォルダー作成や名称設定』です。
描いた絵の保存やフォルダー作成、移動、名称設定について解説していきます。
実はこのギャラリーの管理に関して公開されている情報は以外に少なく、困っている人は多いようです。
ギャラリーの使い方に関する解説は内容が濃いので、数回にわけてお届けします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


アートランキング
微速度撮影と全画面表示

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ