Sketchbookでオリジナルの絵に文字を入れよう

オリジナルの絵に文字を入れよう

テキストの入れ方について

今回は、絵や画像に文字を入れる『テキスト』についての解説です。

絵に文字を入れるだけで、デザインの雰囲気はガラリと変わります。
テキストを使いこなして、素敵なイラストやデザインを描いてみましょう。

それではさっそくは、はじめます!

2023年2月現在、Sketchbookのバージョンが新しくなったため、このサイトで解説している内容や画像が現在のバーションと若干異なります。

新バージョンの基本操作に関しては、旧バージョンと大きな変化は今のところ確認されていません(新規で追加された機能を除く)。

aki

Sketchbookに関する操作など、
参考やヒントの情報としてご利用いただければ幸いです。

もくじ

テキスト

画面上右から3番目にあるのが「テキスト」になります。
文字を入れるときに使う機能です。

文字を入れたい絵(レイヤ)を選択してください。

選択できたら、テキストを押します。

Sketchbook テキスト

画面上にメニューが表示されます。
参考画像は、文字を入力する画面に切り替わった状態です。

テキストを入力する小さな画面が表示されます。
キーボードは自動出ますが、表示されない場合は、1番左にある「キーボード」の絵か、「小さな画面」の中を押してください。

あとは文字を入力します。

Sketchbook テキスト 入力画面

テキストのフォント

左から2番目が「フォント」です。

「フォントのメニュー」が表示されたら、好みの文字を選びます。

Sketchbook テキスト フォント

テキストの色変更

左から3番目が「カラーホイール」です。

文字の色を変更するときに使います。

※パレットの仕様が変更され、上部メニューにあった「Copic」は無くなりました。

Sketchbook テキスト 色変更

テキストの編集

4番目からのコマンドは、「変換」と同じ内容になります。

Sketchbook テキスト 編集画面 変換と同じ

「テキスト」は、一度確定してしまうと、フォントや色の変更ができません。

レイヤを分けて、何パターンか作っておくといいでしょう。
絵に合わせて調整してください。

「変換」を使えば、拡大・縮小・歪み・移動は可能です。

『 Sketchbookでオリジナルの絵に文字を入れよう 』についての解説は以上です。おつかれさまでした!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

オリジナルの絵に文字を入れよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ