「閲覧できません」WordPressで保存ができない。ConoHaWING

閲覧できません

WordPressで記事を保存しようとすると、「閲覧できません(Forbiden access)」と表示されることがあります。

そんなときは、サーバーのサイトセキュリティー「WAF」を一旦「OFF」にして保存してみましょう。

今回は、「ConoHaWING」を使った設定方法をご紹介します。

「ConoHaWING」 のコントロールパネルはとてもわかりやすいので、初心者の方でも簡単です。

もくじ

WAFとは?

「Web Application Firewall(ウェブアプリケーションファイアウォール)」の略です。

セキュリティーシステムの一種で、Webアプリケーションへの不正な攻撃を防御します。

【Webアプリケーションの代表例】

「Google」「Yahoo!」「食べログ」「クックパッド」など。

ConoHaWING WAF設定方法

ConoHaWING のコントロールパネルにログインします。

ConoHa WINGサイト管理画面

左側のメニューから、以下の順番で操作してください。

①サイト管理をクリック。

②サイトセキュリティをクリック。

③上段にあるメニュー欄の「WAF」をクリック。

④「WAF」欄右横の「ON/OFF」のところで、「OFF」をクリックします。

一旦「OFF」にしたら、WordPress側の記事などを保存してみてください。

正常に保存が出来たら、必ず「WAF」を「ON」の設定に戻しておきましょう。

閲覧できません(Forbiden access) の原因

サーバー側の閲覧権限不足やアクセス拒否があった際に、「 Forbiden access 」が表示されることが多いですが、主な原因は、WordPress側の「誤検知」だといわれています。

閲覧できません(Forbiden access) まとめ

実際に体験した感想として、ネットが込み合う時間帯(平日20時~24時)や、何かのリンクを貼ったときにこのエラーが起こることが多いです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、もし、 WordPressを操作中に「閲覧できません(Forbiden access)」と表示されたら、「WAF」を一旦「OFF」にするという方法を試してみてくださいね。

ご覧いただきありがとうございました!


WordPressランキング

WordPressをはじめたいと考えている方には、「ConoHaWING」をおすすめします。

コントロールパネルがアプリのように見やすく、直感的に操作ができるからです。

また、初心者にもわかりやすいWordPressの設置方法や操作方法など、メルマガを送ってきてくれるので、勉強もできて、筆者も助かってます。

初期費用無料!最低利用期間無し!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

初めてConoHa WINGをご利用いただく方向けのスタートアップガイド

閲覧できません

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ